さかもりの焼鳥日記

  1. さかもり北新地のHOME
  2. 炭火焼鳥・さかもりの焼鳥日記
  3. 作り手はなんと。

作り手はなんと。

2021.05.28

作り手はなんと。

炭火焼鳥さかもりの森川です。

神の雫を読んでいた時に、北京ダッグとあわせていたピノノワールがありまして、それをどうしても呑んでみたくなって、すぐポチッと。

北京ダッグってネギとか入れて甘いタレで食べるので、なんか焼き鳥にも合いそうですやん。

それがこれ、フォリウム・ヴィンヤード・ピノノワール2019。

ニュージーランドのピノなのですが、作り手はなんと日本

これがね、非常に美味しい。

お店がお休みなので、なんかなかなもキッチンを漁ったら焼き鳥の缶詰があったので、それと大葉と軽く合わせてみたのですが、なかなかいける。

たまたまあった、安もんのゴーダチーズともあいますな。

最初は結構固い感じなので、スワリングをして温度を上げてあげると、エレガントが爆発します。角が取れたまろやかな果実味。

北京ダッグと合わせるので、渋めなのかなと思ったのですが、全然そんなこともなく、とっても美味しいピノノワール。

少し温度をあげてあげると、ピノノワールのエレガントさが開花する。果実実も角が取れた感じでグッド。

少し時間が経った方が間違いなく美味しいので、食事の1時間前に開栓するか、ゆっくり楽しみたいですね。冷涼ではない感じです!

美味しいよ!

5/31までは臨時休業となります。

ご予約はお電話050-6875-3267、ネット予約はインスタのプロフィールからお願いします。




大阪・北新地で焼鳥なら炭火焼鳥・さかもり北新地へ

一覧へもどる